ウォーター・ジェット 脂肪吸引

ウォーター・ジェット 脂肪吸引で腫れ・痛み・内出血を少なく!!


脂肪吸引は脂肪細胞を確実に減らす事の出来る唯一の痩身法です。しかもリバウンドがなく、脂肪細胞ごと吸い取って細胞の絶対数を減らしてしまいますから、仮に食べすぎなどで残った脂肪細胞が前以上に大きくなったとしても、元の太った状態にまで戻る事はまずあり得ません。今までダイエットしてもおちなかった気になる部分を、より細く美しくする事が可能です。

■「ウォーター・ジェット 脂肪吸引」とは?
吸引する部位の脂肪に体液と同じ成分に調整した止血剤の入った麻酔薬を、患者様の体型に合わせて特殊なウォータージェットを出す機械でジェット状に注入し、脂肪細胞のすみずみにまで行き渡らせる事で麻酔をかけるとともに止血を行います。皮膚の表面がデコボコになったり皮膚がたるんだりする事はなく、従来の脂肪吸引より格段に痛みや腫れや内出血などを少なく出来るようになりました。

しかも吸引時間が短縮され体への負担も少なくなりました。また、従来のボディジェットでは同じ管で麻酔液の注入と脂肪の吸引を行っていましたが、ウォータージェットでは注入専用と吸引専用の2種類の管を使い分けることにより、麻酔効果と脂肪吸引効果をより高めることができます。

麻酔が効いたら、3〜4ミリのごく小さな穴を皮膚の目立たない場所に設け、そこからアサミ式カニューレと呼ばれる直径1〜3ミリの細い管を挿入します。管の先が皮下脂肪の層に到達したら、掃除機の要領で余分な脂肪を吸引します。先程のウォータージェットで麻酔薬と止血剤が脂肪のすみずみまで行き渡っているので、大量の脂肪を安全に根こそぎ吸引できます。吸引後は管を抜き取り、先に設けた穴を溶ける糸で縫合しますので、傷の抜糸は不要です。傷跡もほとんど目立たなくなりますし、毛細血管や神経を傷つける事もありません。しかも体への負担も少なく、局所麻酔で安全に行えるので入院は不要で、手術が終わったらすぐ帰宅できます。

■注意点
・1週間は脂肪を取った部位に筋肉痛程度の痛みがありますが、翌日より軽い仕事や家事、外出も可能です。
・吸引した部分に内出血と浮腫みが出ますが2週間位で落ち着きます。
・1週間は吸引部分にサポーター(24h)を着用して下さい。
・シャワーは翌日より可能ですが傷口に防水テープを装着した状態でお願いします。※湯船につかる入浴は1週間できません
・スポーツは2週間しないでください。
・お酒は1週間禁酒です。

■料金
※下記の料金には、カウンセリング費・施術費・アフターケア費・麻酔代・薬代・抜糸代全て含まれており、表記の料金以外は一切かかりません。



部 位

料 金

各部位
(両側)

頬/アゴ下/二の腕/背中/上腹/下腹/側腹/ウエスト/太もも内側/太もも外側/太もも前面/太もも後面/膝/お尻/ふくらはぎ/足首/二の腕付け根/腰背

79,000円
(税込85,320円)


部 位

料 金

セット割引
(両側)

腹全体(上腹+下腹+側腹)

237,000円
(税込255,960円)

腹全周(腹全体+ウエスト)

316,000円
(税込341,280円)

太もも全周(内+外+前+後)+膝

379,000円
(税込409,320円)

太もも全周+膝+お尻

419,000円
(税込452,520円)

その他

料 金

二の腕サポーター・ストッキング・ウエストニッパー

各5,800円
(税込6,090円)

■脂肪吸引関連ホームページ
「美容外科 脂肪吸引Q&A」


top of pagehome

| 手術一覧 | 料金一覧 | 医師紹介 | 病院案内 | 広告紹介 | 出版物案内 | Q&A (よくある質問) | 無料相談室 |

アサミ美容外科。東京都渋谷区宇田川町36-2ノア渋谷12F


Contents
手術一覧。豊胸、バストアップ、脂肪吸引などの手術内容を解説。

■ 豊胸手術 バッグ式

■ 豊胸手術 脂肪注入式

■ 脂肪吸引

■ レーザー脱毛

■ プチ整形

■ しわ・たるみ

■ 目・二重まぶた

■ 鼻

■ フェイスライン

■ わきが・多汗症

■ その他の美容整形

料金一覧。豊胸、バストアップ、脂肪吸引などの手術料金を掲載。
医師紹介
病院案内
広告紹介
出版物案内
Q&A (よくある質問)。豊胸、バストアップ、脂肪吸引などのQ&A集。
無料相談室。豊胸、バストアップ、脂肪吸引などの無料相談室。

お問い合わせ。フリーダイヤル:0120-60-5489。

アサミ美容外科